電力自由化比較おすすめナビ

東京電力エナジーパートナー

最終更新日:2017/2/5
対応エリア:東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア
支払い方法:口座振替、クレジットカード、振込用紙

東京電力エナジーパートナーは、2016年4月に始まった電力自由化によって東京電力から分社化された電力会社です。

これまで東京電力として提供してきた従量電灯Bに加えて、電気の使用量が多い家庭向けのプレミアムプランや夜間に電気を多く使う家庭向けの夜トクプラン、オール電化の家庭向けのスマートライフプランなど多数のプランから選ぶことが出来ます。

東京電力エナジーパートナーのキャンペーン情報

現在開催されているのキャンペーンはありません。

東京電力エナジーパートナーでは、電力自由化後から新たにスタンダード、夜トク、スマートライフ、プレミアムの4つのプランが追加されました。

共通のメリット、プラン毎のメリットがあるのでそれぞれまとめていきます。

東京電力エナジーパートナーのメリット

  • 毎月ポイントが貯まる
  • Web申し込みで500ポイントプレゼント
  • eチャージポイント
  • 電気の駆けつけサービス
  • 住宅設備修理サービス

毎月ポイントが貯まる

電力自由化で新たに参入してきた新電力会社でもありますが、東京電力エナジーパートナーでも毎月の電気料金に1000円につき5ポイントのTポイントかPontaポイントをもらうことが出来ます。

毎月10000円の電気料金を支払っている人であれば、毎月50ポイント貯まっていきます。

他の電力会社とは異なり、TポイントとPontaポイントのどちらかを選べるのが良いところです。

Web申し込みで500ポイントプレゼント

こちらは毎月ではありませんが、東京電力エナジーパートナーへWebから申し込んだ場合TポイントかPontaポイントを500ポイントもらうことが出来ます。

eチャージポイント

eチャージポイントは、2017年2月以降サービス開始予定の新たなポイントサービスです。

対処となるのは、東京電力エナジーパートナーと契約している方で電気自動車、プラグインハイブリッド車を持っている方電気使用量が300kWh以上使った月に300ポイントもらうことが出来ます。(年間最大3600ポイント)

貯まったポイントは1ポイント1円として電気料金の支払いもに利用できる予定となっています。

eチャージポイントの対象車種一覧

メーカー車種種別
トヨタ自動車プリウスPHV(2012〜2016年モデル)PHV
日産自動車リーフEV
e-NV200EV
三菱自動車アウトランダーPHEVPHV
i-MiEVEV
MINICAB-MiEVEV
MINICAB-MiEV TRUCKEV
BMWi3EV・PHV
i8PHV
225xe Active TourerPHV
330ePHV
740ePHV
X5 xDrive40ePHV
BMWGolf GTEPHV
Passat GTEPHV
Passat GTE VariantPHV

新型プリウスPHVの場合は、300ポイントに加えて、1kWhにつき2ポイントもらうことが出来ます。(年間最大8400ポイント)

電気の駆けつけサービス(プレミアムプラン限定)

電気の駆けつけサービスは、東京電力エナジーパートナーの「プレミアムS/L、プレミアムプラン」契約している方のみの特典です。

電気がつかない、ブレーカーが落ちる、分電盤が焦げ臭いなど電気に関する緊急のトラブル時の駆けつけサービスを24時間365日年中無休でサポートを受けることが出来ます。

通常であれば有料のサービスなので、もしものトラブル時に役立ってくれます。

新規加入で8000ポイントプレゼント

こちらも東京電力エナジーパートナーの「プレミアムS/L、プレミアムプラン」限定の特典(関東エリアのみ)ですが、新規でプレミアムS/L、プレミアムプランを2年契約した方は8000ポイントもらうことが出来ます。

住宅設備修理サービス(スマートライフプラン限定)

住宅設備修理サービスはオール電化住宅に住んでいる方向けの電気料金プランであるスマートライフプラン限定の特典です。

エコキュートやIHクッキングヒーターなどの修理サービスを24時間365日修理回数無制限(1回の修理につき上限50万円/台まで)で受けることが出来ます。

東京電力エナジーパートナーの料金プラン一覧

東京電力エナジーパートナーでは、従来の料金プランである従量電灯B等に加えて、電力自由化後から新たにスタンダード(S/L/X)、夜トク、スマートライフ、プレミアムの4つのプランが追加されました。

スタンダード

スタンダードプランは、一人暮らしや4人家族など幅広い方に向けたプランです。

スタンダードプランは、一般家庭向けのスタンダードS、企業の事務所や商店向けのスタンダードL、スマート契約のスタンダードXがあります。

スタンダードS(東京電力エリア)

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
東京電力 従量電灯B5156円/月8746円/月11148円/月
スタンダードS5452円/月8744円/月11145円/月

上記は、アンペア数40A、電気使用量を1人暮らし(185kWh)、2人暮らし(320kWh)、3人〜4人暮らし(400kWh)とした時の月々の電気料金です。

従来の料金プランである従量電灯Bとの料金を比較してもほとんど差はないことから料金面では切り替えるメリットはあまりありません。

料金面以外だとメリットで取り上げた電気料金1000円につき5ポイント貯まる、Web申し込みで500ポイントプレゼントがあります。

スタンダードS(中部電力エリア)

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
中部電力5235円/月8679円/月10916円/月
スタンダードS5437円/月8679円/月10916円/月

上記は、アンペア数40A、電気使用量を1人暮らし(185kWh)、2人暮らし(320kWh)、3人〜4人暮らし(400kWh)とした時の月々の電気料金です。

中部電力の料金と比較してもほとんど差はないことから料金面では切り替えるメリットはあまりありません。

料金面以外だとメリットで取り上げた電気料金1000円につき5ポイント貯まる、Web申し込みで500ポイントプレゼントがあります。

スタンダードX(東京電力エリア)

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
東京電力 従量電灯B5156円/月8746円/月11148円/月
スタンダードX6014円/月9305円/月11707円/月

上記は、契約電力3kW、電気使用量を1人暮らし(185kWh)、2人暮らし(320kWh)、3人〜4人暮らし(400kWh)とした時の月々の電気料金です。

スタンダードXは従量料金の単価はスタンダードSと同じですが、基本料金が異なるプランです。

スタンダードSは契約するアンペア数に応じて基本料金が決まりますが、スタンダードXはスマート契約と呼ばれる過去1年間の各月のピーク電力のうち最も大きい値を契約と電力とするプランです。

スタンダードX(中部電力エリア)

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
中部電力5235円/月8679円/月10916円/月
スタンダードX5610円/月8851円/月11089円/月

スタンダードX(関西エリア)

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
関西電力4673円/月8704円/月11370円/月
スタンダードX5412円/月8771円/月10844円/月

夜トクプラン

夜トクプランは、その名の通り夜間に電気を使用することが多い家庭向けのプランです。

対応エリアは、スタンダードプランとは異なり、東京電力エリアのみとなっています。

夜トクプランは夜トク8と夜トク12があり、それぞれ電気料金の単価が安くなる時間帯が異なります。

夜トク8

夜トク8は、毎日午前7時〜午後11時までを昼間時間、午後11時〜午前7時までを夜間時間として昼間時間が32.14/kWh、夜間時間が20.78円/kWhの料金単価が設定されています。

夜トク12

夜トク12は、毎日午前9時〜午後9時までを昼間時間、午後9時〜午前9時までを夜間時間として昼間時間が33.76/kWh、夜間時間が22.55円/kWhの料金単価が設定されています。

スマートライフプラン

スマートライフプランは、オール電化の家庭向けのプランです。

対応エリアは、夜トクプラン同様に東京電力エリアのみとなっています。

スマートライフプランも時間帯によって料金単価が異なるプランで午前1時〜午前6時までを夜間、午前6時〜午前1時までを昼間として夜間を17.46円/kWh、昼間を25.33円/kWhの料金単価が設定されています。

夜間の料金単価がかなり安いことからエコキュートなどの夜間蓄熱式機器をご使用で、キッチンや空調も電気という方におすすめです。

プレミアムプラン

プレミアムプランは、家族が多い家庭向けのプランで、対応エリアは東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアです。

プレミアムプランは、一般家庭向けのプレミアムS、企業の事務所や商店向けのプレミアムL、スマート契約のプレミアムプランがあります。

プレミアムS(東京電力エリア)

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
5人以上
暮らし
東京電力 従量電灯B5156円/月8746円/月11148円/月20154円/月
プレミアムS11104円/月11104円/月11104円/月19816円/月
※1人暮らし185kwh、2人暮らし320kWh、3〜4人暮らし400kWh、5人以上暮らし700kWhで計算した場合の電気料金

プレミアムS(中部電力エリア)

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
5人以上
暮らし
中部電力5156円/月8746円/月11148円/月19307円/月
プレミアムS10092円/月10092円/月210092円/月18021円/月

プレミアムSは、月の電気使用量が400kWhまでは9700円の定額で400kWh以上使用した分は1kWh29.04円の従量料金となっているので、400kWh以上使用するとお得になります。

東京電力エナジーパートナーの口コミ評判一覧

東京電力エナジーパートナーに関する口コミはありません。

東京電力エナジーパートナーの申し込み方法

東京電力エナジーパートナーに関するよくある質問

東京電力エナジーパートナーは賃貸やマンション、アパートでも申し込める?

賃貸やマンション、アパートに住んでいる方でも東京電力エナジーパートナーに申し込むことは可能です。

ただ、高圧一括受電契約しているマンションに住んでいる方は東京電力エナジーパートナーを含め電力会社を変更することは出来ません。

参考記事:電力自由化で賃貸のマンションやアパートでも新電力へ切り替えれるの?

東京電力エナジーパートナーの料金情報


スタンダードS

基本料金

アンペア数料金
10A280.80円
15A421.20円
20A561.60円
30A842.40円
40A1123.20円
50A1404.00円
60A1684.80円

従量料金

1ヶ月の電気使用量東京電力エリア中部電力エリア
最初の300kWhまで23.40円/kWh23.32円/kWh
300kwh以上30.02円/kWh27.97円/kWh

スタンダードX

基本料金

契約電力東京電力エリア中部電力エリア関西電力エリア
1kWhにつき561.6円432円280.8円

従量料金

1ヶ月の電気使用量東京電力エリア中部電力エリア関西電力エリア
最初の300kWhまで23.40円/kWh23.32円/kWh24.70円/kWh
300kwh以上30.02円/kWh27.97円/kWh25.92円/kWh

夜トクプラン

基本料金

契約電力料金
1kWhにつき210.6円

従量料金

1ヶ月の電気使用量夜トク8夜トク12
昼間時間(午前7時〜午後11時)32.14円/kWh
夜間時間(午後11時〜翌日の午前7時)20.78円/kWh
昼間時間(午前9時〜午後9時)33.76円/kWh
夜間時間(午後9時〜翌日の午前9時)22.55円/kWh

スマートライフプラン

基本料金

契約電力料金
1kWhにつき450円

従量料金

1ヶ月の電気使用量料金単価
昼間時間(午前6時〜翌日の午前1時)25.33円/kWh
夜間時間(午前1時〜午前6時)17.46円/kWh

プレミアムS

基本料金

アンペア数料金
10A280.80円
15A421.20円
20A561.60円
30A842.40円
40A1123.20円
50A1404.00円
60A1684.80円

従量料金

1ヶ月の電気使用量東京電力エリア中部電力エリア関西電力エリア
最初の400kWhまで9700円9250円8400円
400kwh以上29.04円/kWh26.43円/kWh24.60円/kWh

プレミアムプラン

基本料金

契約電力東京電力エリア中部電力エリア関西電力エリア
1kWhにつき468円432円388.8円

従量料金

1ヶ月の電気使用量東京電力エリア中部電力エリア関西電力エリア
最初の400kWhまで9700円9250円8400円
400kwh以上29.04円/kWh26.43円/kWh24.60円/kWh

東京電力エナジーパートナーの会社情報

会社名東京電力エナジーパートナー
所在地東京都港区海岸1丁目11番1号 ニューピア竹芝ノースタワー
設立2015年4月