電力自由化比較おすすめナビ

まちエネ

最終更新日:2017/3/10
対応エリア:東京電力エリア
支払い方法:口座振替、クレジットカード

まちエネはローソンと三菱商事が運営している電力サービスです。

毎月ローソンで使えるクーポンが貰えたり、Pontaポイントが電気料金に応じて貯まっていくなど普段からローソンを利用する人にお得な特典があります。

まちエネのキャンペーン情報

現在開催されているのキャンペーンはありません。

まちエネのメリット

  • 毎月クーポンが貰える
  • 毎月Pontaポイントがたまる
  • 地球環境を守ることに貢献できる
  • ローソンチケットが割引される

毎月クーポンが貰える

まちエネはコンビニでお馴染みのローソンと三菱商事が運営している電力サービスです。

まちエネ契約者には、毎月ローソンで使うことが出来る100円〜200円相当のクーポンを貰うことが出来ます。

毎月Pontaポイントがたまる

Pontaポイントはローソンなどで貯めることが出来るポイントですが、まちエネでは毎月の電気料金1000円ごとに10ポイント貯めることが出来ます。

月10000円の電気料金を支払っている場合は毎月100ポイント貯めることが出来ます。

地球環境を守ることに貢献できる

ソフトバンクでんきなど環境に優しいFIT電気を買うことが出来る電力会社もありますが、まちエネでは、売上の一部をローソン緑の募金に寄付するようになっており、地球環境を守ることに貢献することが出来ます。

ローソンチケットが割引される

ローソンチケットは映画やライブなどのチケットを購入することが出来ますが、まちエネ契約者は通常1800円の映画鑑賞券がいつでも1300円で購入することが出来る特典があります。

何度でも割引が適用されるので、映画を頻繁に見る人は魅力的な特典となっています。

まちエネの料金プラン一覧

1人
暮らし
2人
暮らし
3人〜4人
暮らし
東京電力5156円/月8746円/月11148円/月
まちエネ5067円/月8440円/月10520円/月

※1人暮らし185kwh、2人暮らし320kWh、3〜4人暮らし400kWhで計算した場合の電気料金

まちエネが一般家庭向けに提供している料金プランは1種類のみです。

東京電力の料金と比較した場合、1人暮らしでは、月額約90円ほどとそこまで大きく電気料金が安くなるわけではないですが、3人〜4人暮らしの場合は月額約630円、年間約7500円も節約することが出来ます。

まちエネの口コミ評判一覧

まちエネに関する口コミはありません。

まちエネの申し込み方法

まちエネを申し込み可能なエリアは東京電力エリアです。

申し込みは、インターネットと書面で申し込みすることが出来ます。

インターネットは24時間まちエネの公式サイトから、書面の場合はカスタマーセンターへ電話することで申し込み書が自宅へ届くのでそちらから申し込むことになります。

申し込みの際は、今使っている電力会社の検針票を用意しておきましょう。

まちエネに関するよくある質問

まちエネは賃貸やマンション、アパートでも申し込める?

賃貸やマンション、アパートに住んでいる方でもまちエネに申し込むことは可能です。

ただ、高圧一括受電契約しているマンションに住んでいる方はまちエネを含め電力会社を変更することは出来ません。

参考記事:電力自由化で賃貸のマンションやアパートでも新電力へ切り替えれるの?

まちエネにオール電化向けのプランはないの?

まちエネの料金プランにオール電化向けプランはありません。

オール電化の家庭の場合、まちエネに乗り換えることで電気料金が以前よりも高くなってしまう可能性が高いのでまちエネはオススメできません。

まちエネは解約時に違約金などはかかる?

まちエネには違約金はありません。

まちエネの料金情報

基本料金

アンペア数料金(税込)
10Aにつき280.80円

従量料金

1ヶ月の電気使用量料金(税込)
120KWhまで19.43円/kWh
120kWh〜300kWhまで24.81円/kWh
300KWh以上25.99円/kWh

まちエネの会社情報

会社名MCリテールエナジー株式会社
所在地東京都港区芝大門1-1-32
設立2015年11月