電力自由化で電力会社によって停電や電気の質が下がったりするの?

電気の質の低下や停電の多発はない?

電力自由化が2016年4月から開始されたことでこれまで電力事業をやっていなかった新電力会社が参入し様々な電気料金プランを出しています。

ガス会社や通信会社など誰もが知っている会社からあまり会社名が知られていない会社まで自分のライフスタイルにあった電力会社と契約することが可能になりましたが、電力会社によって停電が多発したり、電気の質が下がるのではないか?という不安な声があります。

電力会社によって電気の質が変わることはない

結論から言えば、電力会社を新電力会社へ切り替えたからといって電気の質が変わることはありません。

電気の質が変わることがないので、当然停電が多発するようになることもないです。

電力自由化の仕組み

電力事業は大きく発電、送配電、小売りの3つの事業に分けることが出来、発電は電気を作る事業、送配電は作られた電気を家庭に送る事業、小売りは電気を私たち消費者に販売する事業です。

電力自由化によって自由化されたのは、発電と小売りの事業で新しく電力事業に参入してきた会社は発電事業と小売り事業を行うことが可能となりました。

会社によって発電事業だけ、小売り事業だけ、発電事業と小売り事業の両方を行う会社様々です。

送配電事業に関してはこれまで通り各地域にある大手電力会社(東京電力や関西電力など)が担当することになっており、電力会社を切り替えたからといってこれまで使われていたる電線(送配電線)を変えるわけではありません。

電力自由化では、様々な電力会社の電気が同じ電線(送配電線)に電力を流しており、各家庭に流れてる電力は様々な電力会社の電気が混ざった状態の電力となっています。

送配電事業を担当している大手電力会社がこの混ざった電力を各家庭に送っています。

各電力会社は自社で契約している家庭がどれだけ電力を使用しているのかを確認することが出来るので、私たちが使用した電力分を電線に流すようにしています。

このようにすることで万が一電力会社のトラブル等で電力が送れなくなったとしても他の電力会社が不足分を一時的に補うなどして各家庭に電力を安定して供給することが可能となっています。

つまり、どの電力会社と契約していても同じ電力を使用しているため電気の質や停電が多発するようになるということはないのです。

停電した時はどこに問い合わせる?

電力自由化による新電力会社のトラブル等で停電するなどの心配はありませんが、地震や台風、大雨、落雷、機器の故障などの災害で停電する可能性はこれまでと同じようにあります。

万が一停電した場合の問い合わせ先を知っておきたいと思っている人も多いかもしれません。

停電の原因として考えられるのは送配電線のトラブルなので、送配電事業を行っている大手電力会社へ問い合わせするのが良さそうですが、電力・ガス取引監視等委員会では、供給を行う小売電気事業者が情報提供を行うことが適当としているためされまずは契約している電力会社へ連絡するようにしましょう。

停電に関するお問い合わせについては、送配電線に関するものであったとしても供給を行う小売電気事業者が情報提供を行うことが適当とされていますので、まずは、契約された小売電気事業者にお問い合わせください。

引用元:電力小売全面自由化に関するよくあるご質問と回答集 | 電力・ガス取引監視等委員会の問29より

万が一、契約した電力会社が倒産したら停電する?

もう1つ気になるのが、契約している電力会社が倒産した場合に停電してしまうのでは?ということです。

電力自由化により様々な会社が電力事業に参入することが可能となったことで競争が起こり、価格の安いプランやポイント還元などの魅力的なプランが出てきている一方で競争に勝てない会社は倒産や電力事業からの撤退をする可能性が出てきます。

自分が契約している電力会社が倒産や事業の撤退をした場合に突然電気が止まる、停電するということはありません。

新電力会社が倒産や事業の撤退をした場合はこれまで契約していた大手電力会社(東京電力、関西電力など)が引き続き電力を供給するように義務付けられているからです。

新電力会社が倒産や事業の撤退をした場合は自動的に大手電力会社の料金プランに変更されるようになっており、もちろん別の新電力会社へ乗り換えることも可能です。