電力自由化のメリット・デメリットは?乗り換える際に知っておくべき注意点

2016年4月から始まった電力自由化

電力自由化によって様々な会社からお得な料金プランを選ぶことが出来るようになり既存の電力会社から乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

ただ、乗り換える際に気になるのが、電力自由化のデメリットです。
当記事では、電力自由化のメリット、デメリットについてまとめていきます。

電力自由化のメリット

  • 電気料金が安くなる
  • 環境に優しいエネルギーを選べる
  • セット割引でさらにお得に

電力自由化のメリットは、電気料金が安くなる、環境に優しいエネルギーを選べる、セット割でさらにお得になるの3つが考えられます。

電気料金が安くなる

電気料金が安くなる

電力会社の乗り換えを検討している人の多くが電気料金を今よりも安くしたいからだと思います。

電力自由化が始める前は関東であれば東京電力、関西であれば関西電力、北海道なら北海道電力など各地域ごとに決められた1つの電力会社と契約することになっていたため、電力会社の競争がなく価格の値下げやポイント還元などのお得なメリットは特にありませんでした。

電力自由化が始まったことにより、既存の電力会社の他にauやSoftBankなどの通信会社、H.I.S.などの旅行会社、東京ガス、大阪ガスなどのガス会社、LAWSONなどのコンビニ会社など多数の会社が新電力会社として参入してきました。

これにより今まで競争がなかった電力会社に競争が起こり、各社顧客を取り込むために料金の値下げやセット割、ポイント還元など私たちにとって魅力的な電気料金プランが出てきています。

環境に優しいエネルギーを選べる

環境に優しいエネルギーを選べる

電力自由化による2つ目のメリットとしてあげられるのが、環境に優しいエネルギーを選ぶことが出来るようになるということです。

電力会社を選ぶ際にどんな方法で発電している電力なのか、環境に優しい電力を買いたいという人も増えています。

電力自由化が始まったことにより様々な会社が電力事業に参入し、既存の電気料金よりも安くなるお得なプランなどが出てきていますが、料金面だけではなく、環境に優しい電気を買うことが出来るプランなども出てきています。

どんな発電方法で電気を作っているのかの電源構成の表示をしている電力会社もあり、エコを意識した電気を販売している電力会社と契約することも可能となっています。

セット割引でさらにお得に

セット割引でさらにお得に

電力自由化によって各社様々な電気料金プランを出していますが、電気料金が安くなるだけではなくセット割でさらにお得になるプランも出てきています。

セット割というのは、ガス会社であればガスと電気をセットで契約した場合に料金の割引、通信会社や携帯会社であれば、インターネットと電気、携帯と電気をセットで契約すると割引を受けることが出来ます。

セット割はお得になるだけではなく、まとめて支払いをすることが出来るなどのメリットもあります。

電力自由化のデメリット

  • プランが多すぎて選ぶのが大変
  • ライフスタイルに合っていないプランを選ぶと高くなる可能性も
  • 違約金がある会社もある

一方で電力自由化のデメリットとして考えられるのが、プラン選びが大変になること、ライフスタイルに合っていないプランを選ぶと高くなる可能性もあること、違約金がある電力会社もあるという3つがあげられます。

プランが多すぎて選ぶのが大変

プランが多すぎて選ぶのが大変

電力自由化によって様々な会社が電力事業に参入してきています。

これによって競争が起こるので、消費者の私たちにとっては、料金の値下げやポイント還元、セット割などお得なプランから自由に選ぶことが可能となりました。

一方で選択できるプランが多すぎてどれが自分にとってお得な電気料金プランなのかがわかりずらく選ぶのが大変になっているということも事実です。

経済産業省・資源エネルギー庁のホームページから現在登録されている電力会社を一覧で見ることが出来ますが、2016年12月12日現在で372事業者の登録がされており、今後も増えることが予想され、電力会社選びが大変となります。

とは言っても、電力会社が増える一方で、当サイトを含め電力自由化による電力会社の比較サイトも増えているので、そういった比較サイトを活用することで自分にとって最もお得な電気料金プランを見つけることが可能です。

ライフスタイルに合っていないプランを選ぶと高くなる可能性も

ライフスタイルに合っていないプランを選ぶと高くなる可能性も

電力会社を乗り換え際に知っておいた方が良い注意点として、自分のライフスタイルに合っていない電気料金プランを契約すると今までよりも電気料金が上がってしまうということもあるということです。

各社、様々なプランを出していますが、日中は不在が多く夜間の電力使用量の割合が高くなる家庭向けのプランや電気の使用量が一定まで定額のプランなど、家庭のライフスタイルに合わせてお得になる料金プランがあります。

夜間の電力使用量の割合が高い家庭向けのプランを契約しているのに日中も電力を多く使用していたり、電力使用量が少ない人が電気使用量が多い人向けの定額プランを契約してしまったりすると、電気料金が今までよりも高くなってしまうということになってしまいます。

携帯の料金プランで通話をあまりしないのにかけ放題プランを契約したり、インターネットをあまりしないのにデータ容量が多いプランを契約してしまうとと月額料金が高くなってしまうのと同じことですね。

この注意点に関しても電力自由化の比較サイトを参考に自分にあった電力会社を選ぶことで解決することが出来ます。

違約金がある会社もある

違約金がある会社もある

違約金がある会社もあるというのは、携帯の契約のように2年以内に解約すると違約金が発生するなどの2年縛りのような違約金が発生する電力会社もあります。

違約金と言っても携帯と比べると電力会社の違約金は1000円ほどと安く済む会社が多いです。

2年間契約する条件で電気料金が安くなるお得なプランなどもあるので、しっかりと電気料金プランを比較した上で契約することをオススメします。


ここからは電力自由化に関するデメリットと思われがちな疑問についてまとめていきます。

電気の質の低下や停電の多発はない?

電気の質の低下や停電の多発はない?

電力自由化が始める前までは、東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力の10社が各地域ごとに電力を供給していました。

これらの電力会社は長年の技術やノウハウがあるので、電気の質や大規模な停電の心配はありませんでしたが、電力自由化によって電力に関するノウハウが不十分な会社が参入してきてそれらの電力会社からの電力は質が悪かったり、停電が多発するのでは?と思われがちです。

実際、日本よりも早く電力自由化が始まった海外では大規模停電の問題がありました。

カリフォルニア州は1998年に電力自由化が始まりましたが、2000年〜2001年に電力需要の拡大と天然ガスの価格上昇によって電力卸売価格が上がり、電力会社が十分な電力を確保できずに停電が多発するようになっています。

日本ではそういった事例を元に政府が電力を家庭に安定して供給するためのルールを作ることで対応しています。

仮に電力自由化で新たに参入した新電力会社が家庭に十分な電力を供給できなくなったとしても自動的に既存の大手電力会社が電力を供給するようになっています。

また、電力会社を切り替えたとしても送電網は今までと同じものを使用するため電気の質が落ちるなどのことはありません。

将来的に電気料金が値上がりする可能性もある?

将来的に電気料金が値上がりする可能性もある?

電力自由化が始まる前までは、それぞれの地域で大手電力会社と契約することになっていたので、競争が起きることはなく、価格は大きく変動することはありませんでした。

電力自由化によって、様々な会社が電力事業に参入してきたので、競争が起こり電気料金が安くなるというメリットがありますが、一方で将来的には電気料金が今よりも値上がりする可能性もあります。

これも日本よりも早く電力自由化を取り入れた海外の例を見てみると、電力自由化導入後は電気料金が値下がる傾向にありますが、長い期間で見ると電力自由化導入前よりも値上がっている例があります。

これは天然ガスや石油などの電力発電のための燃料費の高騰や再生可能エネルギー買収費用が増えたことが原因で日本でも起こりうる原因です。

日本の場合は、2020年まで大手電力会社が電力自由化前の規制料金プランを提供するように決められているので、2020年までは急激な電気料金の値上げはありませんが、2020年以降は値上がりする可能性も少なからずあります。

ただこの問題関しては消費者の個人が電力会社を乗り換えた場合のデメリットではなく、日本が電力自由化を導入する上でのデメリットとなるので、個人ではどうしようもないところです。

電力自由化によって電気料金が値上がりした国もありますが、テキサス州のように電力自由化を取り入れたことで電気料金がが値下がりした地域もあるので、将来的に日本の電気料金が値上がりするのか値下がりするのか一概に言えない部分となっています。

まとめ

ここまで電力自由化に関するメリット、デメリットをまとめてきました。

電力自由化のメリット、デメリットそれぞれありますが、電力自由化によって様々な会社が参入してきたことで、魅力的なプランも出てきているので、自分にあった電力会社を選択することが大切です。