電力自由化とは

2016年4月から電力自由化が開始され、これまで各地域ごとに1つの大手電力会社から電気を契約していたのが、電気を様々な会社から購入することが出来るようになりました。

電力自由化以降は、携帯キャリアであるSoftBankのソフトバンクでんきやガソリン等の販売を行っているENEOSで知られているJXエネルギーのENEOSでんき、ガス会社である東京ガス、旅行会社であるH.I.SのHIS電気など多くの会社が電力事業へ参入してきています。

当サイトでは、既存の電力会社を含め、電力自由化によって参入してきた新電力会社の比較や電力自由化によるメリット、デメリットなど電力自由化に関する情報を掲載しています。

電力自由化によるメリット

  • 電気料金が安くなる
  • 環境に配慮した電気を買える
  • セット割でお得に

電力自由化が開始されたことによる私たち消費者のメリットとしてあげられるのが、上記の3点です。

電力自由化によって参入してきた新電力会社の中ではCMなどを行っている会社もあるので、電力自由化のメリットは、電気料金が安くなるという印象を持っている人も多いかもしれません。

電力自由化が始まる前は、地域ごとに決められた大手電力会社が各家庭に電気を供給しており、私たちは電力会社を選ぶということは出来ませんでした。

大手電力会社が独占的に電気を販売していたことから電力会社間で競争が起きることはなく、私たちにとって魅力的な料金プランはありませんでしたが、

電力自由化によって多くの会社が電力事業へ参入してきたことで競争が起こり各電力会社が電気料金がお得になるプランや環境に配慮した電気を買えるプラン、携帯と電気のセット、ガスと電気のセットなどまとめて契約することでお得になるセット割などの私たちにとって魅力的な電気料金プランを提供するようになっています。

これにより、自分に合った電気料金プランと契約することで毎月の電気料金を今よりも安くすることが出来ます。

ここまで電力自由化によるメリットを紹介してきましたが、一方で気になるのが、電力自由化によるデメリットです。

電力自由化によるデメリット

  • プランが多いので選ぶのが大変
  • 生活スタイルに合っていないプランを選ぶと高くなることも

電力自由化によるデメリットとしてあげられるのが、上記の3点です。

電力自由化によって様々な会社が電力事業へ参入してきたことから競争が起こり、私たちにとって魅力的な料金プランが選べるようになったのはメリットと言えますが、一方で選択肢が多くなってしまったためにどの電力会社、料金プランを選べば良いのか迷いがちになってしまいました。

また、夜間の電気料金が安くなるプランや電気料金が一定使用量まで定額のプランなど生活スタイルや月の電気使用量が多い人向けの料金プランなどもあり、夜間の電気料金がお得なプランに夜間の電気使用量があまり多くない家庭が契約するなど自分の生活スタイルに合っていない電気料金プランを契約すると今よりも電気料金が高くなることもあります。

電力自由化で電力会社を乗り換えたけど、電気料金が以前よりも高くなってしまったということを避けるためにも自分の生活スタイルに適した電気料金プランを選択する必要があります。

条件別おすすめの新電力会社

毎月ポイントが貯まる電力会社

ENEOSでんき

ENEOSでんきでは、東京電力の従来の料金プランである従量電灯Bと比べて毎月の電気料金が安くなるだけではなく、毎月の電気料金200円につき1ポイントのTポイントが貯まっていく特典があります。

Tポイントなので、貯まったポイントは全国のTポイント提携店などで利用することが出来、お得です。

また、ENEOSでんきでは、Tポイント以外にもANAカードやビューカード、ENEOSカードなどの特定のクレジットカードで電気料金を支払うことでクレジットカードのマイルやポイント還元率、キャッシュバック等の特典を受けることが出来ます。

東京ガス

東京ガスもENEOSでんき同様に毎月の電気料金に応じてポイントが貯まる特典があります。

東京ガスでは、東京ガスと契約している方が利用できるmyTOKYOGASというウェブサービスのポイントサービスのパッチョポイントが電気料金1000円につき15ポイント貯まっていきます。

ENEOSでんきでは、200円につき1ポイントでしたが、東京ガスでは、1000円につき15ポイントとポイント還元率も高くお得です。

貯まったパッチョポイントは、楽天スーパーポイント・Tポイントなどへ1:1で交換できるので、楽天やTポイント提携店などで利用することが可能です。

電気料金が安くなる電力会社

HIS電気

HIS電気は、他社に比べて特典があまりない代わりにシンプルに電気料金が安くなるのが特徴の料金プランを提供しています。

電気料金は、既存の電力会社と比べると全ての料金プランで5%OFFの価格が設定されており、乗り換えるだけで電気料金が5%OFFとなります。

毎月10000円の電気料金を支払っている人であれば、毎月500円、年間で6000円安くすることが可能です。

HIS電気は、ポイント等の還元ではなく、シンプルに電気料金を安くしたいという人にオススメです。

環境に配慮した電気をを買える電力会社

ソフトバンクでんき(自然でんき)

ソフトバンクでんきでは、自然でんきプランという電気を使いながら環境保全に貢献することが出来るプランがあります。

自然でんきでは、FIT電気(再生可能エネルギー)の比率を年間で50%以上維持を目標に電気を供給しており、2017年度は70%がFIT電気(再生可能エネルギー)と環境に配慮した電気を買うことが出来ます。

その他、全国のCO₂などの温室効果ガスの排出量削減や吸収量を増加させる活動を行っている団体へ1契約あたり毎月50円の支援を行うことが出来る森林支援プログラムも行っており環境に優しい電気を購入したい人にオススメのプランです。

セット割でお得になる電力会社

東京ガス

東京ガスでは、電気とガスのセット割を提供しており、電気とガスをセットで東京ガスで契約することで電気料金が毎月270円割引、年間で3240円お得になります。

また、電気とガスのセット割に加えてインターネットもセットで契約するトリプル割もあり、東京ガス提携のプロバイダーと契約することでプロバイダーの月額料金が100円〜300円ほど安くなります。

ソフトバンクでんき(おうちでんき)

ソフトバンクでんきでは、おうちでんきというスマホや携帯、インターネットをソフトバンクと契約している場合に電気とセットでお得になるセット割プランがあります。

ソフトバンクで契約している回線1つにつき100円割引となり、加えて電気料金が1%割引されます。

4人家族でソフトバンクで4回線契約しており、月の電気料金が11000円の場合、スマホ代が400円割引、電気料金が110円割引となります。

電力自由化の申込み方法は?

乗り換えたい電力会社が決まったら、電力会社を変更する手続きを行う必要があります。と言っても電力会社を変更するのは簡単で以下の流れとなっています。

電力会社変更の流れ
  • 乗り換えたい電力会社へネットや電話で申込み
  • スマートメーターの設置工事
  • 新電力との契約開始

各電力会社の公式サイトから必要事項を入力するだけで電力会社変更の申込みは完了となります。

申込みが完了後に新しい電力会社からスマートメーターの設置工事、契約開始の日付などが通知されます。

電力会社を乗り換える上で必要となるのが、スマートメーターの設置工事(無料)ですが、工事は5分〜15分程度ですぐ終わるので、基本的には立会いなども不要です。

申込みから契約開始まで約2週間ほどとなります。

既にスマートメーターが設置されている場合は、工事は不要となるので申込みから4日程度で新しい電力会社との契約が開始されます。

電力自由化に関するよくある質問

新電力が倒産した場合はどうなるの?

新しく契約した電力会社が仮に倒産してしまった場合も電気が止まったりすることはありません。

新電力会社が倒産や事業の撤退をした場合は、電力自由化前に契約していた大手電力会社が電力の供給を行い、料金プランも大手電力会社の従来の料金プランへ移行されます。

参考記事:電力自由化で新電力が倒産したら電気はどうなるの?

電力会社を変えると停電が増えたり、電気が不安定になったりしないの?

電力会社を切り替えても電線などを変えるわけではなく送電は行われるので電気の質が変わることはありません。

参考記事:電力自由化で電力会社によって停電や電気の質が下がったりするの?

電力会社を変更する際に工事は必要?初期費用などはかかる?

スマートメーターを設置していない場合は、スマートメーターの設置工事が必要となりますが、工事費用は無料です。

参考記事:電力自由化で乗り換える場合は工事が必要?費用や立会いは?

電力会社を変更する場合、今の電力会社への解約届けは必要?

電力会社を変更する場合、新しい電力会社が今の電力会社への解約手続きを行ってくれるので、私たちが解約届けをする必要はありません。

マンション・アパートでは電力会社を変えれないの?

マンションやアパートでも電力会社を自由に変更することが出来ます。

ただし、高圧一括受電契約しているマンションの場合は電力会社を変更することは出来ません。

地方に住んでいる場合は、電力会社を変えれないの?

地方でも電力会社を変更することが出来ます。

オール電化の家庭では電力会社を変えれないの?

オール電化の家庭でも電力会社を変更することは出来ます。

ただ、オール電化の料金プランを提供している電力会社は少なく、オール電化ではない料金プランへ乗り換えると料金が高くなることもあるのでオール電化の料金プランを扱っている電力会社へ乗り換えることをオススメします。

スマートメーターではない家でも電力会社を変えれる?

スマートメーターを設置していない家庭でも電力会社を変更することは出来ます。

電力会社を変更する際にスマートメーターの設置工事(無料)を行うことになります。

電力会社を乗り換えた場合、検針は誰が来るの?

スマートメータは、従来の電機メーカーとは違い通信機能を持っているため検針員の人がわざわざ確認する必要がなく、電気使用量を確認することが出来ます。